アシスタント育成プログラム

学校では学べないことばかりです

撮影現場は緊張感の漂う、とてもシビアな空気に包まれます。 時間の制限がある中で、フォトグラファーが最高のその一瞬を撮らえるためには常に安全で的確、素早い対応が、アシスタントに求められるのです。 このような現場で皆さんが活躍できるようになるための必要な知識や技術を身につけることができる育成プログラムがスタジオエビスには用意されています。

STUDIO EBIS CHIEF

基礎知識や技術は深いところまで理解してほしいので繰り返し何度もテストします。
フォトグラファーが求めることを常に考え、予測し、現場の空気が読めるアシスタントに育つようにアドバイスしています。

CHIEF入社3年

STEP-1

たくさんの学びが待っています

新人はすぐには撮影現場に入れません。まずは機材の名前や保管場所、使用方法など、アシスタントになるための基礎的なことを覚えなくてはなりません。撮影現場の後片付けもいろいろ学べる大切な機会です。わからないことがあれば先輩たちに質問しましょう。

最初の育成プログラムは、簡単なセットを一人で組むことです。先輩からスタジオ撮影の基本知識を学びながら一緒にセット作りの練習をします。その後に新人テストの開始です。これはシミュレーション形式のテストで、お客様となるフォトグラファーとコミュニケーションをとりながら撮影セットを作り込んでいく、初歩的なテストです。

スタジオアシスタントの第一歩がここから始まります。このテストに合格するとサブアシスタントとして、先輩スタッフと共にスタジオの撮影現場に入れるようになります。

入社1ヶ月 先輩方はわかりやすく丁寧に教えてくれました。わからないことがあれば協力してくれる頼もしい先輩ばかりです。

デジタル撮影講習

デジタル撮影の現場で必要な知識も学べます。ハードウェアや各アプリケーションソフトの使い方、各種機器同士の接続方法や現場でのオペレーションなど、実際に撮影しながらそれぞれの仕組みを理解していきます。

STUDIO EBIS CHIEF

将来を考え、アシスタントを卒業しても外の世界で活躍できるように、知識や技術が確実に身につくためのサポートをしています。
フォトグラファーと良好なコミュニケーションがとれる、視野の広いアシスタントを目指してくれることを願っています。

CHIEF入社3年

STEP-2

新人からメインアシスタントへ

新人テストを通じて基礎的なことが理解できたら、次は実際に撮影現場で必要とされる基本セットの作り方を身につけるテストが始まります。
ただし、ここからは先輩たちと練習する機会はありません。自分の目で見て、考え、わからないことがあれば先輩たちにどんどん質問して教わりましょう。
先輩たちは実際に撮影現場で経験したことを通じて必要なことを教えてくれます。

基本セットは撮影現場でフォトグラファーからリクエストされる大きなセットも含まれます。ファッション雑誌や広告で使用される人物撮影に適したセット組みやライティング、大きな機材の使用など、どれも欠かせないものばかりです。
また限られた時間内でフォトグラファーとコミュニケーションをとりながら的確に作業しなければならないのも重要です。

基本セットの出来具合は毎回チーフがチェックします。細かい手順や動き方、フォトグラファーやクライアントとのコミュニケーションの仕方など、アドバイスをもらいながら学習していきます。

入社9ヶ月 フレンドリーな先輩や同期のスタッフからいろいろ教わりながら日々上達しています。勉強になることばかりです。

WORK AT EBIS.

スタジオエビスの採用情報。

ABOUT EBIS

スタジオエビスについて